infoドメインやbizドメインはSEO対策に不利?

infoドメインがSEO対策に不利という事は以前から良く言われていることです。

「infoドメイン SEO」で検索した際に古い記事が上位に多い事からも分かるように、infoドメインがSEOの不利というのは、過去に信じられていた都市伝説のようなものです。少なくとも現時点はドメインによって検索順位に影響が出る事はありません。

上位表示されているサイトの中から特定のドメインのサイト数を調べることは、SEOの調査としては全く意味がありません。なぜなら、ドメインごとにサイトの絶対数が異なるからです。

comドメインサイトが上位に多いので、comドメインを利用するのが良いと思っている方がいるのですが、これは単にcomドメインを利用しているサイトが多いからです。サイトの数が多ければ当然上位表示される可能性も高まります。

トップレベルドメイン(TLD)は何でもOK

ドメイン名は、短くて憶えやすくユニークな名前にするのが基本ですが、comやjp、net、info、bizなどのトップレベルドメインについては何を選択しても大丈夫です。bizを嫌がる人も多いようですが、ドメインを検索するとbizだけ空いている事も珍しくありません。

私自身、comが空いていればcomを選択しますが、空いていない場合には他のTLDで取得します。comが空いていないからといってドメイン名を変更するような事はありません。一般ユーザはTLDなんて全く気にしていませんからね。

ドメイン登録業者によっても金額が異なりますが、それぞれ安いTLDが用意されている事も多いので、安いものを選択するというのでも良いと思います。日本語サイトの場合、jpを取得したがる方も多いのですが、jpドメインは他のドメインよりも高額なので、個人的にはあまりオススメしません。

jpを取るのであれば、他のドメインを2つ取得して2つのサイトでアクセスアップとリスクヘッジを行った方が良いと思っています。2文字のTLDが良いのであれば、inやtv、meなどの外国のTLDを取得すれば良いでしょう。インドのドメインであるinドメインは結構人気があるようです。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年5月1日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ