WordPressサイトのドメイン移転の方法

HTMLサイトのドメインを移転する場合、以下の手順となります。

  1. 新ドメイン取得
  2. 新ドメインにファイルをアップロード
  3. 動作確認
  4. 301リダイレクト

しかし、WordPressサイトのようなデータベースを使っているサイトの場合、結構やっかいな作業となります。

  1. 旧ドメインサイトのMySQLをエクスポート
  2. MySQLの修正
  3. 新ドメイン取得
  4. MySQLの作成
  5. WordPressファイルの修正+アップロード
  6. MySQLのインポート
  7. 動作確認
  8. 301リダイレクト

このような手順が必要となります。301リダイレクトで旧ドメインのリンク評価の80%ほどを引き継ぐ事ができますが、できればドメイン移転しない方向で考えたいと思ってしまいます。ただ、ドメイン移転が必要になるケースもあると思いますので、事例を載せておきます。

先日、私自身もサブディレクトリとして公開していたWordPressサイトのドメイン移転を行いました。

»WordPressサイトのサーバ移転+ドメイン移転の方法

MySQLのインポートや301リダイレクト設定で少しはまってしまったのですが、なんとか実施する事ができました。

ネット上にはWordPressサイトのドメイン移転に関して、色々なケースが公開されていますので、最後にまとめて掲載しておきます。

»WordPressのサーバー&ドメイン移転
»ドメインを5509.meに移転したので、WordPress・リダイレクトの設定メモなど
»wordpress 3.0 ドメイン移転 備忘録
»WordPressサイトのコピー(移転ではなく別ドメインへ複製)する方法

ドメイン移転を伴わないサーバ移転については、WordPressサイトのサーバ移転方法をご覧ください。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月25日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ