WordPressサイトのドメイン移転+サーバ移転の方法

ロリポップで公開していたサイトをエックスサーバーで公開することにしました。ドメイン移転+サーバ移転の形になったので、その過程を備忘録の意味もかねて記事にしておきます。

サイトの状況や、使うレンタルサーバーによっても多少手順が異なりますが、基本的な移転方法は同じはずです。また、作業の進め方も人によって多少異なりますが、自分のやりやすいように進めていけば良いと思います。

ドメインはそのままでサーバのみ移転する場合には、「WordPressサイトのサーバ移転」をご覧ください。

※http://www.fx-kabu.biz/listed/でサブディレクトリとして公開していたWordPressサイトをhttp://jojodb.com/に移転しました。

旧ドメインデータのバックアップ

WordPressファイルのダウンロード

旧ドメインにアップしてあるWordPressファイルをダウンロード(バックアップ)します。自動アップグレードなどを行っている場合、ローカルとサーバのファイルが異なりますので、必ずアップしてあるファイルをダウンロードして使いましょう。

index.phpやsidebar.phpを修正している場合には、URL部分を旧ドメインから新ドメインに変更しておきます。header.phpのファビコンのURLが忘れがちです。

MySQLのエクスポート

次にMySQLデータベースをエクスポートする為に、phpMyAdminにログインします。

エクスポートするテーブルを選択します。色々なサイトを見てみるとwp-optionsテーブルを除いてエクスポートしている方が多いのですが、その場合、新ドメインで再びWordPressの設定が必要になります。私は、wp-optionsも含めてエクスポートしてみたのですが、特に問題は発生しませんでした。

構造の「」にチェックを入れます。「長い INSERT 文を作成する」のチェックは外した方が良いようです。

ファイルに保存するをチェックし、圧縮なし、nonにチェックを入れ、実行するをクリックし、sqlファイルをダウンロードします。

MySQLの修正

エクスポートしたファイルをサクラエディタなどの一括置き換えが可能なテキストエディタで開き、旧ドメインのURLを新ドメインに変更します。Dreamweaverで開こうとするとファイルサイズによっては、物凄い時間がかかりますのでサクラエディタがオススメです。

新ドメインの取得とサーバ設定

ドメイン取得

新しいドメインを取得します。ムームードメインが安くてオススメです。

ドメインを取得したら、ネームサーバ設定を行います。以下はムームードメインでエックスサーバの設定を行う場合です。

ネームサーバー1    ns1.xserver.jp
ネームサーバー2    ns2.xserver.jp
ネームサーバー3    ns3.xserver.jp
ネームサーバー4    ns4.xserver.jp
ネームサーバー5    ns5.xserver.jp

ドメイン設定

取得したドメインを追加します。

MySQLデータベース作成

WordPressサイトを公開するためのMySQLデータベースを作成します。

MySQLデータベースを追加します。データベース名は任意でOKです。

MySQLユーザを追加します。ユーザID(ユーザ名)やパスワードは任意でOKです。データベース名とユーザ名は同じにしておくとわかりやすいかもしれません。

作成したユーザを作成したデータベースで使えるようにする為に追加します。以上で、MySQLの作成は完了です。

WordPressファイルのアップロード

旧ドメインからダウンロードしたWordPressファイルを、新サーバにアップロードします。

wp-config.phpファイルの修正

新サーバで作成したMySQLデータベース情報をwp-config.phpに書き込みます。

wp-config.phpの修正が済んだら、旧ドメインからダウンロードしたWordPressファイルを全て新ドメインへアップロードします。.htaccessやsitemap.xmlは削除がある場合は、旧ドメインの情報になっていると思いますので、アップする必要はありません。

この時点ではデータベースのインポートを行っていませんので、サイトにアクセスしトップページが表示されればOKです。

データベースのインポート

旧ドメインのMySQLからエクスポートしたsqlファイルを新ドメインにインポートします。エックスサーバーの場合、最長205kkibという記述がありますが、205kまでのsqlファイルしかアップできないというわけではありません。(kib=1,024バイトなので、205k×1024=約210M)

以上で、移転作業は完了となります。

動作確認とその他の設定

MySQLのインポートが完了したら、サイトにアクセスして旧ドメインと同じように動作するのかをチェックします。おかしい場合はどこかの手順が間違っているはずですので、確認してみましょう。

旧ドメインには全てのデータがあるわけですから、新ドメインのデータは全て削除しても問題ありません。上手くいかない場合は、一度データベースを全て削除してやり直しても良いと思います。

動作が問題なかった場合は、sitemap.xmlの作成や、Google アナリティクスとGoogleウェブマスターツールの登録、使っていればリサーチアルチザンの設定を行います。

リダイレクト

旧ドメインからのリンク評価を引き継ぐために新ドメインに301リダイレクトを行います。

RewriteEngine On
RewriteBase /listed/
RewriteRule ^index\.php$ - [R=301,L]
RewriteRule /listed/index.php [R=301,L]

Redirect 301 /listed/ http://jojodb.com/

今回のようにディレクトリとして展開していたWordPressを新ドメインへリダイレクトする場合には、このような記述でOKです。作成した.htaccessはWordPressがインストールしてある/listed/ディレクトリへアップします。

/listed/へのアクセスが自動的にhttp://jojodb.com/へリダイレクトされます。MySQLのインポートを行っている場合ドメイン以下のURLは変わってないはずですので、各ページから対応するページへリダイレクトされるようになっています。

全てのページへのアクセスを新ドメインのトップページへリダイレクトしても良いのですが、SEOの評価やサブページの検索順位を引き継ぐ為には、個別のリダイレクトの方が良いでしょう。

301リダイレクトの基本については、「301リダイレクトと302リダイレクト、meta refreshの設定方法」をご覧ください。

以上で全ての作業が完了です。

ドメイントップからトップヘの移転の場合は、以下のように記述すればOKです。

Redirect 301 / http://ドメイン

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月25日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ