格安のドメイン登録業者へドメインを移管する

ドメイン取得費用は登録業者によって異なります。以前、料金が安いドメイン登録業者について取り上げましたが、ドメインは他の業者に移管することが可能です。ドメイン移管とは、持っているドメインを管理する登録業者を変更する事で、レジストラ移管とも呼ばれています。

移管するためには、移管先の業者に管理費用を支払う事になりますので、基本的には更新期限が近づいてきた所で移管作業を行った方が良いでしょう。移管費用は新たにドメインを取得した場合と同じです。

ドメイン移管を行っている最中もホームページは問題なく表示されますので、サーバ移転と同じようにブランク期間は一切無いのですが、初めての人にとっては作業が複雑と感じるかもしれません。

ドメイン移管手続きの流れ

  1. 移管先の業者にアカウントを作り移管申請を行う
  2. 移管ドメイン情報を入力する
  3. 旧業者から発行される認証コードを入力する
  4. 新レジストラから移管承認作業依頼メールが届く
  5. 承認作業を行う
  6. 新業者が旧業者に移管申請が行われた事を連絡
  7. 旧業者から移管確認メールが届く
  8. 旧業者が新レジストラに移管の連絡を行う
  9. 新業者から移管完了の連絡を貰う
  10. 移管費用を支払う

登録業者によっては、承認手続き完了後に再度、移管確認メールを送信することがあります。その内容は、「レジストラ移管に異議がある場合は移管を却下してください 」というもので、この時点ではまだ申請を取り消す事ができます。

また、最後の移管費用の支払いを行わない場合、ドメインがロックされてホームページが表示されなくなりますので注意しましょう。

»他社からムームードメインへの移管手続きの流れ

»エイブルネットからエックスサーバー(ムームードメイン)への移転・移管

ドメイン管理業務のみを行っていない業者

ドメイン管理とレンタルサーバー業務をセットで行っている会社も少なくありません。そういった会社の場合、サーバを移転する際には必ずドメイン移管が必要となります。移転先のホスティング会社がドメイン業務を行っていない場合、新たにドメインとレンタルサーバーの契約の2つをしなければいけない事になります。

例えば、エイブルネットやGMOクラウドなどのサーバからロリポップに移転する場合には、ドメインをムームードメインに移管して、レンタルサーバーをロリポップに移転する事になります。

ムームードメインで取得したドメインをロリポップで使っていて、ロリポップからエックスサーバーに移転するような場合には、ドメインについてはDNS(ネームサーバ)の書き換えのみで大丈夫です。

このように今利用しているドメイン登録業者やレンタルサーバーによって、作業が異なる場合がありますので、必ず事前に新旧の業者でどのような作業が必要となるのかを確認しておきましょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年5月17日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ