ドメイン年齢と期限切れドメイン

ドメイン年齢とはドメインを取得してから経過した日数のことです。検索エンジンがサイト評価や信頼度を調べるためにドメイン年齢を見ているという事が言われています。

期限切れドメインとは、ドメインの更新をせずにドロップしてしまい、所有者の手を離れたドメインの事です。過去に被リンクを多く受けているような価値あるドメインの場合、中古ドメイン販売業者やSEO業者がドロップ直後に取得します。

»中古ドメインの探し方や購入方法

ドメインは古い方が検索エンジンからの信頼度が高いという事が言えますが、訪問者にとっては全く関係のない事です。古くから運営されているサイトの信頼度は高いですが、ドメイン年齢が古いだけでは意味がありません。

検索エンジンは、現在公開されているサイトに対して評価を行いますので、過去にそのドメインで公開されていたサイトがどのような評価を受けていたのかという事はあまり重要ではありません。

過去のサイトと同ジャンルのサイトを公開する場合には、中古ドメインを購入する意味はありますが、それ以外の場面ではサテライトサイト用に使われるのが一般的です。

※ドメインを取得してもサイトを公開していない場合には、評価は上がりません。あくまで検索エンジンに初めてインデックスされた日からの日数が重要となります。

期限切れドメインを取得するデメリット

期限切れドメインを自分で取得するには手間がかかりますし、販売業者から購入するには費用がかかります。どちらにしても期待した効果が得られない事も多いですので、利用する場合にはそれを認識して置きましょう。

場合によっては、新しいサイトを公開しても、全く検索エンジンにインデックスされないという事態も起こりえます。また、インデックスされても、中古ドメインと言うことが影響して、マイナス評価を受けてしまうかもしれません。

企業買収やサイト売買などで、ドメイン所有者が変わる事は珍しくありませんので、所有者が変わったら全てのドメインが評価をリセットされると言うわけではありません。しかし、中古ドメインによるSEO対策が流行った事で、Googleは厳しい目を光らせるようになっています。

購入直後は問題なくても、ある時突然、ドメイン名が原因でサイトの評価を下げられないとも限りませんので、本気で育てたいサイトの場合には、ブランディングも意識したドメイン名で新たに取得する方が良いでしょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年5月25日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ