中古ドメインの探し方や購入方法と気になるSEO効果

中古ドメインとは、過去に第三者が利用していたドメイン名と同じドメイン名を取得して使用することです。ドメインは更新期限を過ぎ一定の猶予期間を経て、所有者の手を離れます。ドロップしたドメイン名は誰でも取得する事が可能となります。

以前の検索エンジンは、初めて取得された日付が古い事で評価されるような所がありましたので、新規サイトを作る際に中古ドメインを使用することで、新規ドメインよりも早くSEOの効果が期待できるという事がありました。

しかし、現在のGoogle(Yahoo)は、ドメインが古いという事だけで高評価するわけではなく、過去から現在まで継続して被リンクが増えているのかという点や、どのようなサイトが運営されてきたのかという部分を見ています。

また、過去にそのドメインで公開されていたサイトのジャンルと異なるサイトを公開した場合には、過去の評価は引き継がれにくいと考えるのが一般的です。

基本的に、ドメイン名はサイトのブランディングも考えて決めるべきものですので、中古ドメインはサテライトサイトなどで使用するのが良いと思いますが、現在でもSEO目的で取得する人は後を絶ちません。

中古ドメインを取得する方法

販売業者から買う

最も簡単に質の良い中古ドメインを取得する方法が、中古ドメイン販売業者から買ってしまうことです。「中古ドメイン 販売」などのキーワードで検索すると販売業者のサイトが山ほどHITします。

ドメインを選ぶ際のポイントは、以下のとおりとなります。

  1. ドメインエイジ(年齢)
  2. Googleページランク
  3. 被リンク数
  4. 過去にそのドメインで公開されていたサイト

値段はピンきりで、1,000円以下の物もありますが、ドメインエイジやGoogleページランクによっては数十万円の物もあります。基本的にjpドメインは高くなる傾向があります。

高ければ高いほど質の良いドメインと言う事になりますが、既に述べたとおり中古ドメインを使えば簡単に上位表示できるというものではありませんので、高いドメインを購入する場合でも、過度な期待は持たない方が良いでしょう。

自分で探す

コストを抑えたいという場合には、自分で探す事になります。ドロップされたドメインは誰でも取得する事が出来ますので、質の良いドメインがドロップされた直後にドメイン登録業者のサイトで普通のドメインの時と同じように取得すれば良いのです。

ただ、先に結論を述べると、質の良いドメインはドロップされた直後に、販売業者やSEO業者に取得されてしまいますので、我々一般人が取得する事は難しいと言えます。ただ、全ての中古ドメインが誰かに取得されるわけではありませんので、質の良いドメインを取得できる可能性は残されています。

チェック項目は人によって異なりますが、簡単に質の良い中古ドメインを見つける事が大変だという事が分かると思います。特定の条件の中古ドメインを見つけ出すようなツールも販売されていますので、本気で探したい人は利用しても良いでしょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年5月15日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:SEO初心者 パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ