サブドメインとサブディレクトリどちらが良いのか

昨日、サブドメインサイトよりも独自ドメインサイトの方が良いという記事を書きましたが、これ以上コストをかけずに新しいサイトを作る際には、独自ドメインという選択肢はなくなりますので、サブドメインかサブディレクトリという事になります。

基本的な考え方としては、検索エンジンに別ドメインとして扱って欲しい場合にはサブドメイン、ドメインの評価を受けたいという場合にはサブディレクトリと言う形になります。ただ、サイト内にブログを設置するような場合には、SEOを考えてサブディレクトリとして公開するのが一般的になっています。

特に、企業サイトの公式ブログを立ち上げる場合には、サブディレクトリとして作り、メインサイトと相互リンクを行います。アメーバブログなどの無料ブログを公式ブログにしている企業もあるのですが、長期的に運営するのであればオススメしません。

サイトごとWordPressで作って、カテゴリとしてブログを運営するか、サブディレクトリにWordPressをインストールして別のデザインにしてブログを運営する形が良いと思います。

ジャンルの異なるサイトの場合

ブログではなくて、完全に異なるサイトを構築する場合でもディレクトリを利用しても構わないのですが、ジャンルの異なるサイトの場合は、ドメイン評価を上手く受け取れない可能性もあります。

Web系のサイトを公開しているドメインのサブディレクトリとしてレンタルサーバーや、SEOに関するサイトを作るのは問題ありませんが、ダイエットやFXなどの全く異なるジャンルのサイトを作る場合にはオススメしません。

Googleは、ドメインの評価をそのドメイン内にあるサイト全体で行いますので、同一ドメイン内に異なるジャンルのサイトがあると、混乱してしまうかもしれません。ですので、異なるジャンルは別ドメインが基本ですが、コスト的に難しい場合にはサブドメインにしておきましょう。

別ドメインとサブディレクトリを組み合わせて沢山のサイトを公開したい場合には、buzzword(バズワード)さんが参考になると思います。ジャンル別にドメインを用意して、その中で関連するジャンルのサイトをディレクトリで分けています。

一応アフィリエイトサイトのようですが、この情報量は他のサイトでは見られません。アドセンスや広告の貼り方も参考になると思います。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年5月13日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:SEO初心者 パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ