サブドメインサイトよりも独自ドメインサイトの方が良い

新しくサイトを作る際に、既に利用しているドメインのサブドメインとして開設するケースも多いのですが、個人的には別サイトは独自ドメインを取得する事をオススメしています。サブドメインでサイトを作る理由としては、ドメインやレンタルサーバー費用を抑える事やSEOが考えられます。

ドメイン費用は、comやnet、bizで年に1,000円弱というのが一般的です。昔は、1ドメイン1レンタルサーバーが常識でしたが、最近はどのサーバもマルチドメインに対応していますので、レンタルサーバー費用はかかりません。

ただし、何十サイトも運営するような場合には、ドメイン費用が馬鹿になりませんので、ジャンルの似ているサイトについてはサブドメインでの運用を検討した方が良いと思います。

また、被リンクのIP分散という事を考えるのであれば、レンタルサーバーを変えたり、IP分散サーバを利用しても良いでしょう。ただ、数百、数千単位のサイトを作らないのであれば同一IPアドレスでも問題ありません。

検索エンジンはIPアドレスでサイトを評価しているわけではありませんので、一つ一つのサイトをコンテンツ重視でしっかり作っていけば、同じIPでも高評価を得ることが出来ます。IP分散を考えるのは質の低いサイトから大量にリンクを張る場合ですね。

サブドメインとSEO

サブディレクトリとしてサイトを作った場合は、そのドメインの評価を受ける事ができますので、ブログなどを構築する場合にはサブディレクトリで作るのが一般的です。

サブドメインは、基本的には異なるドメインとして扱われますので、自演リンクを行った際の他サイトからの被リンクという事を考えるとサブドメインの方が良いと言う事になります。無料ブログにもサブドメイン型とサブディレクトリ型がありますが、SEOを考慮した場合やはりサブドメイン型という事になります。

»サブディレクトリ型無料ブログの検索順位の変動は激しい

しかし、被リンク目的でサブドメインサイトを作るのであれば、完全に別ドメインにした方が良いと思っています。サブドメインに対する検索エンジンの評価基準が変わる可能性もありますし、サイトのブランディングという事を考えると、サイトごとにユニークなドメイン名があった方が良いと言えます。

サブドメインサイトを別ドメインへ移転する作業は、結構面倒ですので、本格的にサイトを育てるつもりがあるのなら、初めから別ドメインで運営しましょう。ただ、大手サイトや人気サイトでそのドメインが既にブランディングできている場合には、サブドメインで別サイトを立ち上げても良いと思います。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年5月12日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:SEO初心者 パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ