レンタルサーバーが用意しているアクセス解析を使う

サイトを運営する上で必要不可欠なものがアクセス解析です。SEOやアクセスアップを狙っていないサイトでも設置する事が当たり前になっています。

アクセス解析ツールと言えばGoogleアナリティクスですね。しかし、Googleアナリティクスは無料で高機能ですが、ある程度知識が無いと使いこなす事が難しいので、他のツールを使っている方も多いと思います。

レンタルサーバーもアクセス解析ツールを備えていますし、インストール作業も必要ありませんので、利用した事が無いという方は、一度サーバが用意している解析ツールを使ってみても良いと思います。

エックスサーバーのアクセス解析

エックスサーバーの場合は、サーバーパネル内のアクセス統計からデータを確認する事ができます。

アクセス解析を利用したいドメインを指定し、アクセス統計をクリックします。ログファイルでは生ログを見る事ができます。

アクセス解析の追加を行います。この作業を行わないと解析データが上がってきませんので、新しいドメインを追加したら、とりあえずアクセス解析の追加を行っておいた方が良いでしょう。

設定後データが上がってくるまでに多少時間がかかりますので、1日ぐらい放置します。

再びサーバーパネルからアクセス統計をクリックすると、データが確認できるようになっています。

ロリポップのアクセス解析

ロリポップは、ユーザー専用ページのWEBツール内のアクセスログより解析データが確認できます。

データを確認したいドメインのアクセスログページをクリックします。

次の画面では抽出するデータを指定する為の項目が並んでいますが、初心者の方は何も変更せずに、アクセス解析をクリックします。ログファイルダウンロードでは生ログを確認する事ができます。

こんな感じで解析データを確認する事ができます。

レンタルサーバーによって利用するまでの手順や解析画面が異なりますが、Googleアナリティクス以上のツールは今の所ありませんので、個人的にはGoogleアナリティクスがおすすめです。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年5月4日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ