大容量のおすすめレンタルサーバー

レンタルサーバーを契約する際にディスク容量を基準にしている方も多いと思います。特に一つのサーバで複数サイトを運営する場合には、容量が少ないと直ぐにオーバーしてしまうかもしれません。

格安レンタルサーバーで容量が多いのは、ファイアバードやロケットネット、サーバーカウボーイで50Gとなっています。どのサーバもMySQLが複数使えますが、ファイアバードは10個まで利用できるので、特にオススメです。

ただし、実際に50G使いきるということはまずありませんので、他のレンタルサーバーでも問題は無いと思います。大規模サイトでも無い限り、1サイト1Gも使うことは無いでしょう。私自身の経験から言うと、10個ぐらいの中規模サイト運営であれば20Gもあれば十分です。

2、3個のサイトを運営するのであれば10Gで事足りると思います。10Gであればほとんどのサーバが該当しますので、もっと安い所を探しても良いと思います。

数年前までは、1Gぐらいのレンタルサーバーも沢山ありましたが、ハードディスクの価格がどんどん安くなっていますので、それに合わせてホスティング会社も容量を増やしています。一般家庭のパソコンのHDも1テラ、2テラの時代ですから、そのうちレンタルサーバーもテラの時代に突入していくのかもしれません。

サーバ選びは、運営するサイトの規模や数によって決めるのが基本ですので、容量で判断するのは危険です。容量が多くても転送量が少ない場合には、アクセス数の多いサイトには向きません。また、WordPressやMovable Typeでサイトを作るのであればMySQLの数なども考慮した方が良いでしょう。

総合的に判断して、最もおすすめなのがエックスサーバーなのですが、月額料金が1,000円と少し高めなのがデメリットです。それでも容量が100GでMySQLが30個まで利用できますので、コストパフォーマンスは高いと言えます。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月28日
最終更新日:2015年9月13日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ