ホームページを作るならレンタルサーバーを借りる

ホームページという言葉は本来、ブラウザのトップページやWebサイトのトップページのことを指す言葉ですが、Webサイト=ホームページという事で定着しています。また、ホームページをHPと略して表記する場合もあります。HPと表記するとヒューレット・パッカードだろという突込みが入る事もありますが、前後の文章を読んでいれば間違えることは無いでしょう。

そんな事はどうでも言いのですが、ホームページを作ってネット上に公開する際に必要になるのがドメインとレンタルサーバーです。個人サイトの場合には、無料ブログや無料ホームページサービスを使うのもありですが、企業サイトの場合には独自ドメインで有料レンタルサーバーを借りるのが一般的です。

いまだにプロバイダーの無料HPを使って企業サイトを公開している会社もあるのですが、機能性やSEOを考えると有り得ないの一言です。毎月のコストは抑えられるかもしれませんが、仮にそのプロバイダーを解約したいと思った場合に、ホームページはどうなってしまうのでしょうか。

プロバイダーが倒産する可能性もゼロではありませんし、そういったリスクを考えると独自ドメインを取得して信頼の置けるレンタルサーバーを借りるのが一般的です。法人でもロリポップファイアバードなどの格安のレンタルサーバーを使用している事が珍しくありませんが、信頼性や安定性を考えると法人向けレンタルサーバーがおすすめです。

料金は多少高くなりますが、数年前と比べるとだいぶ価格も安くなっています。容量やMySQLデータベースの数、転送量などの部分では格安レンタルサーバーの方が勝っている事も珍しくないのですが、その分法人向けサーバはサポート体制がしっかりしていますので、初心者のサイト管理者でも問題ないく運営する事ができると思います。

格安レンタルサーバーの質も向上していますので、月300円以下のレンタルサーバーでも大きな問題に遭遇することはほとんど無いのですが、企業サイトの場合、何かあってから遅いですからね。ネットからの集客がほとんど無い場合には影響も小さいですが、売り上げの多くをインターネットから上げている場合には、障害などが発生し数時間でもホームページが繋がらない時間があると大きな影響を与えます。

最近では、一つの企業で複数のホームページを持つ事も珍しくなくなっていますので、リスク管理の意味で、法人向けと格安の2つのホスティング会社と契約するというのでも良いかもしれません。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月27日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ