独自ドメイン+レンタルサーバーはSEOに有利

無料レンタルサーバーやプロバイダーの無料ホームページスペースを使えば、全くコストをかけずに自分のサイトが持てますが、SEO(検索エンジン対策)を考えた場合、圧倒的に独自ドメインサイトが有利です。

無料レンタルサーバーで独自ドメインが使えるケースもありますが、事業の継続という事を考えると、有料レンタルサーバーを使っておいた方が良いでしょう。

無料ドメイン(無料レンタルサーバー)のデメリット

無料ドメインのデメリットは、いくつか考えられますが、大きなものを挙げておきます。

  1. サービスが停止される可能性がある
  2. 同サービスを使っている他のサイトの影響を受ける
  3. ドメインを育てる事ができない
  4. 広告が表示される
  5. 好きなようにカスタマイズできない
  6. モチベーションが維持できない

最近では、無料のレンタルサーバーでも広告が表示されないケースやPHP、CGIが使える物もありますが、どちらにしてもサービス提供会社の都合で変わってしまうので、今は良くても数年後どうなっているのかは分かりません。

仮にサービス自体が停止されてしまった場合には、今まで頑張って更新してきたサイトが一瞬にしてなくなってしまいます。データがダウンロードできれば、他のサーバに移行することは可能ですが、新しいドメインにリダイレクトする事は不可能ですので、かなり不利な状況と言えます。

意外と忘れがちなのが、同じサービスを使っているサイトの影響を受けるという事です。Google(Yahoo)は、同一ドメインのサイトは一つの検索結果に4ページまでしか表示しませんので、同じジャンルの有名なサイトがある場合、自分のサイトが検索結果に表示されない可能性が出てきます。

»サブディレクトリ型無料ブログの検索順位の変動は激しい

独自ドメインとSEO

独自ドメインのデメリットととしては、コストがかかるという事ですが、独自ドメイン+格安レンタルサーバーで月に300円ですので、大した費用ではありません。更新を忘れてしまうリスクもありますが、猶予期間がありますので、気づかぬうちにドメインが失効してしまう事はまず無いでしょう。

独自ドメインサイトであれば、仮にレンタルサーバーを変更するとしても、ドメイン自体の価値は変わりません。検索エンジン経由のアクセスを無視することは出来ませんし、サイト評価を高めることは、一朝一夕でできるものではありませんので、長期間運用する気持ちがあるのなら始めから独自ドメインを取得してサイトを作っておいた方が良いと思います。

ドメインは古ければ古いほど良いというものではありませんが、長期間更新されていて、被リンクが継続して増えているサイトの評価は当然高くなります。中古ドメインを購入するという選択肢もありますが、過去に受けたリンク評価を100%引き継げるとも限りませんし、過去のサイトと同じジャンルのサイトで無いとサイト評価をリセットされてしまう可能性があります。

少しでも迷っている場合には、絶対に独自ドメインがオススメです。1年使ってみて必要ないと思ったら解約すれば良いわけですし。

ロリポップであれば、月250円でレンタルサーバーが借りられます。マルチドメイン対応で、MySQLも使えますので、複数のWordPressサイト運営でも問題なしです。

ただし、サーバ安定度の事を考えると、料金は高くなりますがエックスサーバーの方が良いかもしれません。特に大規模サイトやアクセス数の多いサイトを運営する場合には、ロリポップでは厳しいと思います。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月26日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ