マルチドメイン対応のレンタルサーバーの注意点

最近のレンタルサーバーは、マルチドメイン対応が当たり前になっています。月額料金が300円を切っているロリポップハッスルサーバーでもマルチドメインで利用可能です。

昔は、Webサイト一つに付き一つのレンタルサーバー契約というのが当たり前だったので、いまでも沢山のロリポップ契約をしていると言う人も多いと思います。現在は、数十ギガの大容量サーバが月500円ほどで利用できますので、複数サイト運営でも一つのレンタルサーバーで十分まかなう事ができます。

ただ、気をつけなければいけないのはマルチドメインが無制限に利用できるとしても、サイトを無制限に追加できるというわけではありません。やろうと思えば100個でも1000個でも可能と言う事になりますが、実際にはメモリの問題やMySQLの問題で難しいでしょう。

さくらのレンタルサーバ(スタンダード)で、一日のPVが2000~3000ぐらいのWordPressサイトを3つ運営していた時があるのですが、3つでも503エラーが頻発していました。

サイトの作り方やMySQLデータベースの制御にも問題があったと思いますし、それにプラスしてリサーチアルチザンLiteをそれぞれのサイトに導入していましたので、それも影響していたのですが、サイト3つで支障が出たのは衝撃でした。サイト更新時にはメモリ不足が原因のエラーも頻発していました。

同じ料金でもファイアバードであればMySQLが10個まで利用できますので、エラーが出る可能性は低くなりますが、それでもアクセス数の多いサイトを複数運営する場合には、支障が出てくると思います。

なるべくコストを抑えるために、安いレンタルサーバーを利用したい気持ちは分かりますが、料金を安くする為には、どこかに無理が生じてしまいます。一つのサイトであれば、基本的にどこのサーバを使っても良いと思いますが、今後サイトを増やしていくつもりならば、ある程度余裕のあるサーバを契約するのが良いと思います。

アクセス数が増えてきた所で、サーバ移転しても良いのですが、データベースが絡むサーバ移転は何かと面倒なものです。容量がオーバーすることはほとんど無いと思いますが、MySQLの数やメモリ不足は起こりがちですので注意が必要です。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年4月18日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ