レンタルサーバー各社のメモリ容量を比較

レンタルサーバーを借りる時に確認するポイントは、「料金」「容量」「転送量」「MySQLの数」等だと思いますが、以外に重要なのが「メモリ」です。CPUも気になる所ですが、個人的には複数のWordPressサイトを運営する時に影響が出るメモリが気になります。

以前、「さくらのレンタルサーバ+WordPressで500エラーが多発」という記事を書いていますが、500エラーの原因がメモリ使用量の上限に達した為のプロセスの強制終了でした。

2サイト運営していて、アクセス数が1日3000PVと1000PVのサイトだったので、それなりに負荷はかかっていたと思いますが、もっと沢山のサイトを運営しているサーバーや、アクセス数が多いサーバーでもこのような事は発生していなかったので、もう少しメモリ容量を増やして欲しいと思いました。

レンタルサーバー各社のメモリ容量

メモリ容量は公開しているサーバーが少ないのですが、エックスサーバーグループとネットオウルグループはメモリ容量を公開しています。

レンタルサーバー名 メモリ容量
エックスサーバー 16GB
X2 16GB
シックスコア 16GB
ファイアバード 12GB
ミニバード 12GB
クローバー 12GB
さくらのレンタルサーバ 2GB、3.25G、5G
ヘテムル 非公開
ロリポップ 非公開

※いずれも標準的なプランのメモリ容量です。プランによって異なる可能性があります。
※さくらのレンタルサーバは契約した時によって同じプランでも容量が異なるようです。

エックスサーバー、X2、シックスコアがエックスアーバーグループです。容量や転送量も他社と比べて大きいですが、メモリも大きめです。当サイトもエックスサーバーを使っていますが、ほんと安定感抜群です。

ファイアバード、ミニバード、クローバーがネットオウルグループですが、ネットオウルも12Gと大きめですね。

さくらのレンタルサーバの2Gというのがあまりに小さい気がしますが、最近契約したサーバーはもっと大きくなっているはずです。私の契約では同じスタンダードプランなのですが、2Gと3.25Gになってました。でも同じプランなのに契約時期によってメモリ容量が変わるというのは一般的なやり方なんですかね。

さくらはディスク容量が10G、マルチドメインが20個までと、全体的に容量が小さめです。転送量は300Gと十分なので、あとはメモリとディスク容量ががもう少し大きければ使い勝手が良い気がしますが、私の契約だとメモリ2Gなのでかなり厳しいです・・・

MySQLが1個から20個に増量した時に、他の部分も増強するのかと思ったのですが、MySQL以外の部分は変わりませんでした。現在、さくらのレンタルサーバーは、メインサイトでは使っていないのですが、1サイト運営ということであれば結構好きなサーバーなので、なんとかもう少しスペックを上げて欲しい所です。

ヘテムルにメモリについて聞いたところ、非公開との回答を頂きました。

恐れ入りますが、お問い合わせいただいておりますような内容やサーバーのスペック及びOS、収容人数などにつきましては非公開とさせていただいております。

なお、メモリのご利用の上限に達した場合は、制限を行わせていただく場合がございます。何卒ご了承をいただきますようお願いいたします。

また、ヘテムルの機能につきましては、下記ページをご一読いただけますと幸いです。
■機能一覧http://heteml.jp/service/function/

ロリポップはコントロールパネルでメモリ情報が公開されておらず、問い合わせても教えてもらうことができませんでした。

ロリポップ!で使用しておりますサーバーのスペックにつきましては下記URLにて、ご案内いたしております。

■ロリポップ! – サーバー環境について
http://lolipop.jp/service/server/

こちらでご案内している項目以外につきましては、非公開とさせていただいておりますので、大変申し訳ございませんが、お尋ねいただきましたメモリにつきましても、非公開とさせていただいております。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2013年1月14日

サブコンテンツ

このページの先頭へ